神奈川県の地名と名字

神奈川県の由来は、古くから栄えた「神奈川宿」(現在の横浜市神奈川区)からで、1859年(安政6年)武蔵国久良岐郡に「神奈川奉行所」が置かれたことによります。
地名は諸説あり、この地に水源の不明な川があり「上神川(かみなしがわ)」と呼ばれていたために「かながわ」になった説や「金川」や「狩野川」と呼ばれた川の名前から転じたという説。
他に、地形からの説で「かな」は「かま」が転じたもので、「岸の崩れやすい川」「急流の川を表しいてる」といった説がある。
最も有力な説としては、同県は現在でも朝鮮系の住民が多い県であるが、その昔不毛な地域を開拓したのは海路で大磯に上陸した朝鮮系の住民によるものでした。
朝鮮系が多く住むことから「韓川(からかわ)」と呼ばれる川がありそれが「かながわ」に転じたというものである。
名字の由来は、県北部の武蔵国橘樹郡神奈川村という地名が起源とも言われています。近年では、下館市など茨城県に多く見られる名字であります。


喘息の予防

喘息に関する様々なお役立ち情報をご案内しています。
www.zennsoku.info/